就活の適性検査の種類と傾向を知っておこう。

就活で必ずと言っていいほど行われるのが適性検査。一口に適性検査と言っても、適性検査には様々な種類と傾向があることをご存じでしょうか?ここで代表的な適性検査の種類と傾向をお教えしましょう。まず、SPI。試験内容は性格適性・言語分野・非言語分野の3分野にわたり、個人の総合的な判断能力を測定できるため、最も多くの企業で用いられています。次に、CAB。これはSE・プログラマーに関する適性を知的能力・パーソナリティーの双方から診断するものです。計算問題・法則性・命令表・暗号解読といった他の適性検査には見られない特殊な内容を持っています。最後に内田クレペリン。これは一桁の足し算を5分の休憩を挟んで、15分×2回行う試験です。1分ごとの作業量の変化を追うことで、正確や適性を判定する内容となっており、官公庁や教育分野で用いられることが多いです。他にも、SCOA・TG—WEB・玉手箱など、様々な適性検査がありますが、だいたいの企業は上記3つを用いています。特徴と傾向を理解した上で、適性検査への対策を練りましょう。アリシア スムース ビューティー 違い