車の中で落とした飴は、意外なところで見つかった

ある日のことでした。車の中で飴をなめようとして包みから取り出したところ、飴が手から滑り落ちてしまいました。バッグの中を探しても、ひざの上を見ても、コートのポケットの中を探してもありません。車のシートや床を見ても、どこにも見当たらないのです。仕方がないので、私は別の飴を取り出してなめることにしました。結局その日は落ちた飴が見つからないまま家に帰ったのです。
翌日も車を使ったので、改めて車の中を探しました。しかし飴はどこにもありません。
「落ちた飴が消えてしまうとは、一種のミステリーではないか?」
そんな風に思ったこともありました。
ところが翌々日、洗濯をしていた時のことです。ハンカチを洗濯機に入れようとしたら、何やらべたべたしたものが手に触れました。
「もしや…」
そう思った私はハンカチを広げてみると、片隅に飴がべったりとくっついているのが見つかりました。
「なるほど、そういうことだったのか」
飴はバッグの中に落ちて、バッグに入っていたハンカチにくっついてしまったのです。意外なところで飴が見つかった一方で、よく考えれば合点のいく結末です。

有難いコラボレーションもあればほとんど悪いコラボレーションもあると想う

近年インスタントカメラがおそ松君とコラボした代物が販売されたそうです。
おそ松君フェチの10代の子供陣なんてほとんどインスタントカメラなんて使ったことはないでしょう。
僕が小児年代と言ったら遠足に持って行くのはコイツでしたが、今の若い層にもおそ松君とコラボした結果インスタントカメラの良さを知って買えたら嬉しいです。
このコンビプレイは面白くていいなと思うのですが、近年色々な代物がコンビプレイをし過ぎて掛かるような気もするのです。
コンビプレイって時折する辺りでいいと思うのですが、企業近辺はコンビプレイすれば売り払えると思っているのかも知れないですね。
でも果たして必ず全てがそうなのでしょうか?
コラボした独特がロマンスにとっては頼もしいかも知れませんが、その小物や商標が前もってロマンスにはコンビプレイは決して良くない印象もあるのです。
僕がフェチだったウエア商標はマンガなどとのコンビプレイばかり最後のユーザーはするようになって実質倒産してしまいました。
マンガとのコンビプレイ小物を形作りまくった結果変身みたいなニュアンスを与えてしまったからです。
なのでコンビプレイばかりしてしまうのは考え物だ。キャッシング 金利の安いところ